体が痩せる、整う、若返ると噂の16時間ダイエットは本当に効果あるの!?

皆さんは「16時間ダイエット」という言葉をご存知でしょうか。
この16時間ダイエットというのは最近、話題となった医学博士の青木厚さんが書いた「空腹こそ最強のクスリ」という本にも出てくる言葉です。

これは何も食べない空腹の時間を16時間作ることで、痩せるだけでなく疲れや不調にならない健康的な体となり、
毎日を充実に過ごせるようになることを詳細に述べているものになります。

本記事では、この16時間ダイエットが本当に効果があるのか?どういった効果があるのか?なぜなのか?ということについて紹介していきたいと思います。

また、これまでダイエットに挑戦していろんな方法を試してみたけど、結局続かなかったし体重も減らすことができなかった方、最近、体の調子が悪く、すぐ疲れを感じる方など是非、参考にしてみてください。

16時間ダイエットとは!?

この16時間ダイエットとは1日24時間の中で食事制限がなく、何を食べても問題ないですが、それ以外の16時間は一切何も食べない、断食の時間にするということを意味しています。
16時間も何も食べないでいて体は持つのか?健康に良くないのではないか?と疑問を持たれるかもしれませんが、この16時間断食する方法は食事を摂る時間と摂らない時間を明確に分け、胃調にかかる負担を減らし、体に良い影響を与えてくれると言われています。
そもそも断食とは「ファスティング」とも呼ばれており、「胃腸などの内臓を休める」「血流が促進される」「デトックスできる」などの効果が期待できるとされています。
人間の体は10時間以上、何も食べないとブドウ糖が足りなくなることから脂肪をエネルギー源として分解をし始め、そのために体重が落ちると言われています。

なぜ16時間なのか?体が痩せ、健康になるのには理由があった

断食がダイエットに良いことは分かったが、ではなぜ16時間なのでしょうか。
それは医学博士の青木さんが試したところ、「一切何も食べない空腹の時間を16時間以上にしたことが一番最大の効果が得られたから」とうことでした。
その効果を3つほど以下に紹介していきたいと思います。

①オートファジー

また、ダイエットなどの効果が得られるのは、この空腹時に「オートファジー」という機能が動き始めることからその期間が最も高いのがこの16時間です。
オートファジーというのは、私たちの身体にあるタンパク質は生存に欠かせない栄養素の一つですが、体が飢餓状態になり、食べ物から得られる必要なタンパク質が得られないと、身体の生存機能より「体内の中にあるもの」でタンパク質を作ろうとする働きをします。
この働きによって体内に残っている古くなった細胞が生まれ変わり、ダイエット効果と同じく病気の予防、不調改善、若さの維持などの効果が得られるようになります。

②胃腸の活性化

1日3食も食事をすると、きちんと消化されず胃や腸に食べ物が残った状態で次の食べ物が入ってくることになります。
食べ物の消化によって胃腸は体内で働き続けることになり、その状態が続くと動きが鈍り便秘や下痢を起こすだけでなく腸内細菌のバランスの乱れにもつながります。
空腹の時間を意図的に作ることで、胃や腸を休め消化機能を回復させることができる他に肌荒れやアレルギー症状の緩和にもつながります。

③脂肪が燃焼する

肥満により糖尿病や脳卒中、心臓疾患など多くの命に関わる病気にかかるリスクが高まります。
肥満の解消には脂肪分を減らさなければならないですが、空腹の時間を作ることで体内で脂肪が分解され、生活習慣病にかかるリスクを大きく減らすことができるようになります。

1日3食は食べ過ぎ!?根本から常識を疑うべし

これまで16時間の空腹を作ることでダイエット効果と併せて健康維持など様々なメリットをお話してきましたが、では、小さい時から言われていた1日3食というのはそもそも一体何だったのだろうか!?と疑問を感じるかもしれません。
それについて話す前に、もともと日本では「1日3食」というのが広まったのが江戸時代以降と言われており、それまでは「1日2食」が一般的だったそうです。
しかし、きちんとした理由を知らないまま、両親や学校の先生たちからは1日3食、ごはんをしっかり食べるようにとずっと言われてきましたし、国も1日3食を推奨しています。
そして、いつの間にか私たちは1日3食を摂ることが当たり前のようになり、好きな時に好きなものを食べるようになりました。
その結果、多くの人が肥満となり医療費や介護費など多大なコスト増加による大きな健康問題にもなっているのではないでしょうか。
1日3食を推奨することや、美味しいものを食べることはそれぞれ自由ですが、ただその理由や真実をきちんと知ってから日々の食生活を見直していきたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
普段、当たり前のように1日3食していたことは逆効果になっており、空腹を作ることで効果的なダイエットを実現でき、さらに健康な体作りにも繋がるということが理解できたのではないでしょうか。
空腹を作るのは最初は体が慣れておらず大変に思われるかもしれませんが、続けていれば慣れますし、週に1回でも効果はあると言われています。
これだけメリットがあり、誰でもできるダイエットであれば試してみて損はないでしょう。
是非、トライしてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です