痩せたいけど我慢したくないあなたにおススメな食べ物 7選

もっと食べたいけどダイエット中だからと、がっつり食べるのを我慢してはいませんか?
我慢ばかりしているとある日、爆発して過食症になってしまい、逆に太ってしまう原因になってしまいます。
しかし、ダイエット中だから食べることに対して遠慮がちになるのも分かります。
そんなあなたに、今回は低カロリーで食べ過ぎても太りにくい食べ物を紹介していきたいと思います。
日頃の料理で工夫していけば、ダイエット中でも美味しくストレスなく食事を楽しむことができます。

国民的人気なおでん

寒い時につい食べたくなるおでんは昔から日本国民に親しまれています。
そんなおでんには大根やこんにゃく、白滝、卵、昆布など糖質が少なく、食物繊維やタンパク質、ビタミンが豊富な食材がたくさん入っており、美味しいだけでなくとても体にもいいです。
体も温まり満腹感もある、おでんはダイエットに適した最高の食べ物ではないでしょうか。

お腹も満たしつつダイエットできる玄米

普段、白米を食べている人は多いですが玄米を食べている人は少数なのではないでしょうか。
しかし実は、玄米には食物繊維やビタミンB群、ミネラルなども多く含まれていることから、便秘の解消、血糖値の上昇を抑えたり、代謝が高まったりする効果があり健康にとてもいいのです。
これらのように玄米はダイエットの作用に良いとされる栄養素を含むだけでなく、白米よりも食感が硬いので噛む回数も自然と多くなり、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少ない食事も満足感が高まりやすいことからダイエットに適した食材と言えるでしょう。

低カロリーでアレンジにも抜群なキノコ

低カロリーと言えばキノコ。
そんな、キノコにはタンパク質やビタミン類が豊富に含まれており、とても栄養価が高い食材になります。
食物繊維が多く含まれており、胃腸に良く貧血の改善にも良いとされています。
気力アップにも効果的でしょう。
さらにマッシュルームやエリンギなどは脂肪の吸収をブロックするので、肥満の予防として取り入れることができますし、癖がなく様々な料理にアレンジとして楽しめるので積極的に普段の食生活にキノコ類を取り入れてみてください。

きれいな腸を作るヨーグルト

ヨーグルトといえば、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が多く含まれており、便秘解消や肌荒れなどの効果をもたらす健康食品です。
またヨーグルトは腸内環境も整え、老廃物の排泄や有害物質を減らしたりなど、太りにくい体質を作る効果をもたらしてくれます。
また、1日の中で人の体は朝は排泄、昼には食べた物を消化し栄養の補給、夜には吸収といったリズムがあり、そこで腸内が一番活発になる22時~翌2時までの時間帯に食べることで腸をさらに活性化し、ダイエットに効果があるとされているので寝る前のヨーグルトを試してみてください。
もちろん、食べるヨーグルトは砂糖が入ったものではなく、できれば無糖のプレーンタイプを選ぶようにしてください。

甘くて美味しいフルーツでダイエット

フルーツも甘いけどダイエットに大丈夫なの!?と思われるかもしれませんが、実はフルーツは低カロリーな食べ物で、水分たっぷりなのでダイエットだけなく、健康や美容にとてもいいとされています。
多くのフルーツは食物繊維やビタミン、カリウムなど太りにくい体質を作り、美味しく健康にダイエットすることができます。
おすすめフルーツの紹介は「プルプルに痩せるならフルーツダイエット」にも記載していますので、是非参考にしてみてくださいね。

サクッとダイエットできるピーナッツ&アーモンド類

「お菓子がダイエットに適している」と聞いて疑問を感じることでしょう。
しかし、コンビニでも手軽に買えるスナック菓子のピーナッツやアーモンドなどはダイエット中でも太りづらいお菓子なのです。
例えば油が多そうなアーモンドにはオレイン酸という良質な脂や高い栄養価を持ち健康や美容のサポートをしてくれます。
また、糖質の低いものが多く、スルメやチーズなどにはタンパク質が豊富にあり、昆布やナッツにはミネラルが豊富に含まれています。
ただ、塩分が高いので摂りすぎには注意し、小腹が空いたくらいに摘まむくらいがおすすめです。
是非、適度に取り入れてみてください。

ミネラルたっぷりな海藻類はダイエットにも◎

ダイエットにも健康にも効果抜群なのが「海藻」です。
昆布やわかめ、もずくなどにある粘りは水溶性食物繊維であり、糖や脂質の吸収を防いでくれるだけでなく、体内にある糖や脂質も吸着し体の外へ出す効果もあるのです。
このようにダイエットに適した食材なのですが、食物繊維の他、カリウムや鉄などの栄養素も含まれており、便秘やむくみ、貧血などにも効果を発揮します。
ダイエット以外でも日々、健康を保つために様々な働きをするのが海藻の最大の魅力です。
こってりとしたメニューの際には糖や脂質の吸収を抑えてくれる海藻を是非、メニューに加えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です