痩せたいけどお酒も飲みたいあなたに、我慢しなくてもできるダイエット

「痩せたいけど、お酒も飲みたい」という人は多いと思います。
しかし、「お酒を飲むと太るから我慢しないといけない」と考え、余計にストレスを抱え食べ物を過剰に食べてしまうこともあるのではないでしょうか。

一般的に「ダイエット中にはお酒は厳禁!!」と思われがちですが、しかし実はお酒をやめなくてもダイエットをすることが可能なのです。
そこで今回は痩せたいけど、お酒も辞めたくないという方にお酒を飲みながらでもダイエットが可能な方法をご紹介していきたいと思います。

お酒を飲むと太ってしまうのか!?

多くの人が「お酒=太る」ものという風に考えていると思いますが、正確にはお酒に含まれている糖質の摂りすぎやお酒と一緒に食べる、糖質やカロリーの高いおつまみの食べ過ぎによって太ってしまうのです。
アルコール自体には太るという作用はありませんので、糖質、カロリーが高いお酒を飲みすぎないように注意しなければなりません。
特に糖質はエネルギーとして消費されないと、糖質を多く摂りすぎてしまうことで血糖値が上がり、インスリンというホルモンが大量分泌されることから、脂肪が体にため込まれ太ってしまいます。
さらに、血糖値の急激の変動によって精神的不安定に陥りやすくなり、イライラしたりストレス体質になっていきやすくなるので、そのため、ますます暴飲暴食に走り、どんどん太っていってしまいますので、十分に注意していく必要していく必要があるでしょう。

お酒の選び方と適量は!?

では、太らないためには具体的にどんなお酒を選べばいいのでしょうか。
また、お酒を飲む際に意識したい適量も知っておくことが大切です。
まずアルコールの適量は人によって年齢や体質、運動量、食事量などがあるため、一概に決められるものではないのですが、ダイエットをしている人にとっての目安は1日100~200kcalが目安になります。
例えば、ビールであれば中瓶を1本(500ml)、日本酒1合、焼酎20度のものを1合、ウィスキー1杯、ワイングラスを2杯ほどです。
お酒に含まれる糖質やカロリーの高低も気を付けるべき点ですが、アルコールが体内に入る量が多ければ多いほど肝臓の解毒や排出作業に時間がかかってしまい、代謝・貯蓄の機能が遅れる、あるいはできなくなってしまうので胃の中にある食べ物の処理が出来ず、脂肪になってしまいます。
そのため、1日に飲むアルコールも適切な量を守るように心がけていかなければいけません。

次にどんなお酒を飲めばいいのかについてですが、それは太りにくい糖質の低いお酒である「蒸留酒」と呼ばれる純粋なアルコール、または純粋なアルコールを水や氷などで薄めているお酒です。
蒸留酒にはウィスキーやブランデー、ウォッカ、焼酎などがあります。
蒸留酒とは醸造酒を加熱して蒸発し、その蒸気を冷やすことで液体にして作られたお酒のことをいい、アルコールの度数は高いですが、糖質がほとんどのなく太りにくいお酒とされています。
その他のお酒で、多くの人がよく飲んでいるビール、日本酒やワイン、または梅酒やカシスなどの混成酒は糖質が高いため、ダイエット中には極力飲まないようにしましょう。

おつまみはどんなものを選べばいいの??

お酒を飲むときには、おつまみも一緒に食べることが多いと思います。
おつまみにも色んな種類があり、それぞれどんなおつまみがいいのか、または食べ過ぎてはならない、注意しなければならないものを見ていく必要があります。
しかし、おつまみによっては肝臓、胃や腸への負担を軽くしてくれたり、枝豆や豆腐などに含まれるタンパク質、ビタミンB1にはアルコールの分解を助け、胃や腸の脂肪の吸収を抑えてくれたり、摂取した糖質をエネルギーに変換する働きがあります。
また、よくコンビニ売っている「アーモンド類」や「あたりめ」などには肝臓を保護してくれるビタミンEやタウリンが豊富に含まれており、アルコールの分解もサポートしたり、食物繊維が豊富なのでダイエット中のお酒のおつまみに適しています。
ただ、塩分も含まれてるので摂りすぎには注意するようにしてください。

お酒を飲んだ後

ダイエット中にお酒を飲む際には、なるべく糖質の低いお酒を選ぶことや、適切な量で飲むことが大切ですが、お酒を飲んだ後のアフターケアも同時に大切になってきます。
お酒を飲んだ後は脱水症状になってしまうと脂肪が燃焼されにくいために、水やウーロン茶などを飲みしっかり補充したり、アルコールの分解を促進するために温かいお湯やお茶割を飲むことがおすすめです。
また、お酒を飲んだあとに十分な水分を補給しアルコールを分解したあとは、どんなに面倒でもぬるめのお湯に20分以上つかることで、リラックスを司る副交感神経が活発になり、内臓の働きを促してくれさらにアルコールや脂肪の分解を早め、太りづらくする効果をもたらします。
そして、十分な水分補給、ぬるま湯での入浴のあとの最後は十分な睡眠です。
睡眠不足は脂肪の分解が滞り、太りやすくなるため、最低でも6時間以上~8時間ほどの睡眠をとるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です