減塩ダイエット!!いつものレシピにちょっと手を加えるだけで簡単にできる

ダイエットしているけど、なかなか痩せないと思っているあなた、もしかしたら普段の食事を見直すだけで、改善されるかもしれません。

なぜなら、普段食事をしているとそこには意外にも多くの塩分が含まれた食べ物が多いからです。
特に日本人は普段から塩分を摂りすぎているといわれ、それが原因で生活習慣病にかかってしまうこともあります。

今回はそんな塩分が含まれている料理に少し手を加え、減塩してくれる調理方法を紹介していきたいと思います。

塩分のデメリット

まず、そもそも塩分というのはダイエットには向いていないのでしょうか。
また、どのように体に悪影響を及ぼすのか、あまり知られていないと思います。

人の体というのはほとんどが水でできているということはよく知られていることかと思いますが、塩分を多くとってしまうと血液中の塩分濃度が高まり、血液中に増えた塩分を薄めるために水分(血液の量)が増えることで体重が増えるだけでなく、体全体がむくみ代謝が下がり、痩せにくい体質になってしまうのです。
また、血管を圧迫することで「高血圧」を招き、それによって動脈硬化、腎臓疾患、不整脈、胃がんなど様々な恐ろしい病気を引き起こしてしまうので、塩分の摂りすぎには十分気を付けなければなりません。

塩分の適切な摂取量と食品の含有量

塩分の摂りすぎが招く危険性は上述した通りですが、ではどのくらいの量が適切なのでしょうか。
世界保健機関(WHO)が推奨している1日当たりの塩分の摂取量は5.0gですが、日本人は平均して1日2倍の10.1gも摂取しているとされています。

ではそんな日本人は普段、どのような食事でそんなにも多くの塩分を摂っているのでしょうか。
外食も含め一般的な食品に含まれる塩分の量を参考にしながら、1日の適切な摂取量を守っていきましょう。

食品名     食塩摂取量

ラーメン       5.7g
うどん        5.0g
スパゲッティ 4.5g
てりやきバーガー 4.2g
ソース焼きそば 3.8g
寿司 3.7g

塩分を下げ美味しく食べられる

そんなデメリットが高い塩分ですが、普段私たちが何気なく食べている料理にはたくさん含まれています。
例えば、醤油やケチャップ、ソースなどの調味料、ポテトチップスなどのお菓子、冷凍食品やピザにも多くの塩分が含まれています。
しかし「極力、塩分を下げたいとは思うが美味しいものも食べたい」と誰もが思うでしょう。
では、どのようにして塩分を下げ、美味しく食べられるのでしょうか。
いくつか、普段のちょっとした工夫で減塩効果があり、かつ美味しく食べられる調理法を紹介したいと思います。

①塩を加える代わりにレモン汁をかける

塩を使って食べるものといえば、焼き魚に塩を振って食べる方は多いのではないでしょうか。
または、野菜を食べるときに塩を使われるかもしれません。
それ以外にも普段、味付けに塩を使っているものがあれば、塩は使わないようにするか、なるべく塩でなくレモン汁をかけてみるのはどうでしょうか。
さっぱりとした味で美味しく味わえるかもしれません。

②炒め物に油の香ばしさで一工夫

野菜炒めや、肉炒めなど、炒め物の料理にもソースや醤油などの調味料が使われ、塩分が多く含まれていますが、これらの代わりに、ごま油やバターを使ってみましょう。
減塩に役立つだけでなく、ごま油やバターの香ばしさがさらに違った美味しさを引き立ててくれるでしょう。

③まろやかな香りで減塩ラーメン

健康的でないとは知りつつも、やはり美味しく多くの人に人気があるラーメン。
そんなラーメンにもたくさんの塩分が使用されており、その量は高食塩率と言ってもいい約6gです。
普段から食べ過ぎないように気を付けていきたいところですが、そんなラーメンにも牛乳を足すと、減塩効果として食べることができます。
ラーメンに牛乳というと抵抗がある方もいるかもしれませんが、まろやかな風味にマイルドな味わいで案外イケると特に女性の方から人気なレシピになっています。
自宅で、誰でも簡単にできるので一度是非、試していてはいかがでしょうか。

排塩も取り入れる

普段から適切な塩分量を摂取するためには、減塩するだけでなく排塩も行わなければなりません。
排塩を行うためには、体から塩分を排出するミネラルが必要です。
その代表的なものとしてバナナなどに含まれるカリウムで、腎臓に働きかけ、ナトリウムの吸収を防ぎ、尿への排泄を促してくれる作用を持ちます。
カリウムが含まれているのは野菜や芋類、果物、海藻や豆腐類が多いとされています。
しかし、何でも摂りすぎには注意し減塩、排塩を行うようにしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です