‘【あ】のダイエットワード’の検索結果

‘【あ】のダイエットワード’ 

・アクチン

アクチンとは人間の筋肉を構成するタンパク質の一部のことを言います。
筋収縮する働きがあり、細胞の運動や分裂、細胞骨格の形成にも役立ちアデノシン三二リン酸(ATP) エネルギー源に動かすことができる。

・アルファリポ酸

アルファリポ酸は別名、チオクト酸とも呼ばれる脂肪酸の一種。
人間の体を構成する細胞において、TACサイクルを活性化させる働きを持ち、細胞中のミトコンドリアで作られるATPを恒常的に生成することで、身体の不調を防ぐことができる。
また、アルファリポ酸はビタミンCやビタミンEの400倍の抗酸化力を持っているため、がんやC型肺炎、肝硬変治療、またアンチエイジング効果もあるとされている。

・アウターマッスル

三角筋や大胸筋など比較的、身体の表面上に位置している筋肉。
「随意筋(ずいいきん)」と呼ばれ、意識的に筋肉を動かし鍛えやすいことで知られる筋肉

・アディポサイトカイン

アディポサイトカインとは脂肪細胞が作り出す、ホルモンであり糖尿病を始め、心筋梗塞、脳血栓などを引き起こしやすくなる。

・アセスルファムK(アセスルファム カリウム)

人口甘味料の1つであり、水やエタノール・グリセリンの溶液などにもよく溶けるため、飲料や漬物などに適している。
また、ダイエット食品、糖尿病治療のための食事などにも活用されている。

・青パパイヤダイエット

青パパイヤダイエットとは、まだ熟していない青いパパイヤを食べてダイエットをすることを指す。
青パパイヤはダイエットにも適している上に、美容や健康にも効果があるとされている。

・アルブミン

アルブミンとは血液中のタンパク質の一種のことを指し、血液の浸透圧の調整をしながらタンパク代謝を反映させるための栄養状態の指標のこと。アルブミンは不足すると肝臓や腎臓に影響を及ぼすため、常に不足しないように注意する必要がある。

・アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種であり、強い抗酸化作用を持ち、疲れ目や生活習慣、老化防止に効果を持つ、栄養素。
カシス、ブルーベリーなどの食品やサプリメントで摂取することができる。

・アミラーゼ

アミラーゼとはジアスターゼとも呼ばれる、すい臓、唾液腺、耳下線から分泌される、糖に分解する酵素のこと。

・アラニン

アラニンとは体内でエネルギーとして利用されやすいアミノ酸の一種のこと。
肝臓で作られ、脂肪の蓄積を防いだり、アルコールの代謝などにも効き肝臓を保護する効果を持つとされる。

・アドレナリン

アドレナリンは交感神経が高まることで分泌されるホルモンの一種で、脂肪の燃焼をサポートするなど、ダイエットには役立つ働きを持つが、一方で血糖量の上昇や心拍数の増加などを起こす。

・アディポネクチン

アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種のことで、糖尿病や動脈硬化、高血圧を予防する効果を持つ。

・アイトーイ

ソニーが発売した、ゲームコントローラのこと。
体を動かして楽しめることができることから、消費カロリーが高くダイエット用具としても使用されている。

・アップルペクチン

アップルペクチンとはリンゴに含まれる食物繊維のことを言う。
コレステロール値の上昇を抑え、動脈硬化の予防に役立つなどの効果がある。

・アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一つで、主に成長ホルモンの分泌を促進させたり、脂肪の代謝を促し筋肉組織を強化する働きがあり、ダイエットにも多く取り入れられている。

・アルギン酸

アルギン酸は昆布やわかめなどの海藻類に含まれている水溶性の食物繊維。
血圧の上昇の抑制やコレステロールを下げたり、脂肪の蓄積を防止するなどのダイエット効果や動脈硬化を予防するなどの効果も持つ。

・アイソメトリックス

アイソメトリックスは筋肉の伸縮運動を行わずに、ある特定の筋肉を強化するトレーニング法のこと。
壁などを強く押し付けたりして、繰り返し身体各部分に力を入れたり緩めたりする動作を行いますが、筋肉痛になりにくいという体に負担の少ないとトレーニング法である。

・アスタキサンチン

アスタキサンチンはエビやカニ、サケなど赤く彩るカロテノイド色素。
脂肪燃焼の効率を高めたり、コラーゲンの生成を促すなどの効果があり、老化や様々な病気を防ぐ働きを持つ。

・悪玉コレステロール

悪玉コレステロールはコレステロールを全身へ運ぶ機能があるため、増えすぎると血管を詰まらせ、動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞を発症させる恐れがある。

・アクアビクス

アクアビクスとはアクアの水とエアロビクスの有酸素運動を合わせた、和製英語のことを指し、その名の通り水中での有酸素運動のことを指す。
水中での運動なため体への負担も少ないだけでなく、水圧による血行促進などの効果もある。

アサイー

アサイーとはヤシ科の1種であり、実は非常に栄養価が高く、調理すれば美味しいフルーツにもできる。
美容にも健康にも良く、美味しいフルーツにもなるアサイーは国内でも人気が高い。

・アマチャヅル

アマチャヅルは薬用や飲用に用いられるツル性の植物である。
血行を良くする効果を持ち、健康面で優れた植物だ。

・アスパルテーム

人口甘味料の1つであり、天然には存在しない化合物のことを言う。
安全性や危険性に関しては論争はあるが、カロリーを大幅に減らしたり血糖値に影響しないため摂取されている。

・アミノ酸

アミノ酸はアミノ基とカルボキシ基から構成されている有機化合物であり、人のタンパク質を構成している。
脂肪を燃やすには運動が必要であるが、そのためにも運動前アミノ酸を摂取することで効果が高まる。

・アロマテラピー

アロマテラピーとはダイエットやリラックス効果をもたらすとされる日本では「芳香療法」とされる。
植物の香りで心身の健康を促す療法である。

・麻の実油

肌の老化を防ぐアンチエイジング効果や余分な脂肪を取り除く効果、アレルギーやかゆみを抑える効能もあるとされ、多くの人に利用されている。

・アボカド

アボカドはオレイン酸やリノレン酸など良質な脂質を含むことから、脂肪を燃焼させる効果を持ち、肥満やダイエットしている人に多く取り入れられている。

・明日葉

葉と茎は食用にされたり、健康茶としても使用される植物。
ダイエットにも脂肪の燃焼を促すことから効果が高く、主にダイエット食材として取り入れられている。

・アルファリノレン酸

アルファリノレン酸は脂肪酸の一つで、血流の改善や老化、血栓予防効果、アレルギーを抑制する効果を持つ。
また、脳の活性化などの働きも期待される。

・オリーブオイル

オリーブオイルにはオメガ9系脂肪酸とも呼ばれる一価不飽和脂肪酸や酸化を防ぐポリフェノール、身体の中では生成できない脂肪酸を含んでいるとされる。

・アトキンスダイエット

アトキンスダイエットとは炭水化物の多いものを避ける、またはその摂取量を減らし、タンパク質や脂肪が多いものを代わりに摂取するというダイエット方法である。

・アナボリック

筋肉が合成される現象のことをいい、十分なエネルギーを分解することでアミノ酸濃度を高めようとする。

・アノレックスSF

アメリカのダイエットサプリ。
興奮剤を一切使用しておらず、カロリーをコントロールし減少させる成分が含まれている。
さらにカロリーだけでなく、食欲を抑制し満腹感を与える効果もある。

・アウェークニング

ユーコ・スミダ・ジャクソンが考案したとされる体を引き締める効果があるとされるエクササイズ手法のこと。

・アブソルビトール

脂肪の吸収を抑制する働きがあるとされる食物繊維の成分のこと。
ダイエット効果はもちろん、糖尿病などの生活習慣病対策としての効果にも期待がある。

・アミノ酸スコア

食べ物に含まれるタンパク質、必須アミノ酸がバランスよく含まれているかをみる指標にもなるもの。
ダイエットの指標にも活用され、栄養バランスの取れた食事がされている分だけ、そのスコアは高くなる。