|HOME| |釣果| |ジギング||ウィリー||タイ||タチウオ||イカ| |アクセス| |お問合せ|
釣り用語辞典
(表の右端の「▲マーク」をクイックするとトップに戻ります)

「あ行」 「か行」 「さ行」 「た行」 「な行」 「は行」 「ま行」 「や行〜」

カナ(50音順) 用 語 意 味 ・ 解 説
あおもの 青物 ブリ・ヒラマサ・カンパチ・アジ・サバなどの背が青い魚。
あげしお 上げ潮 潮止まりから潮が満ちてくる状態の事で「上げ」ともいう。
あさば 浅場 水深の浅い場所。
あさまずめ 朝マズメ 日の出前後の時間帯のこと。
あたり 当たり 魚がエサに食いついた時に、竿やミチイトを通して得られる感触のこと。
あぶれる あぶれる 魚が一匹も釣れなかった状態のこと。「ぼうず」や「おでこ」ともいう。
あらぐい 荒食い 産卵前などに魚がたくさんエサを食べること。
あわせ 合わせ 当たりが感じられた瞬間に、竿を上げて魚の口にハリを掛けること。
あわせぎれ 合わせ切れ 合わせた瞬間に、合わせが強かったり、魚が大物だったりするため
ハリスやミチイトが切れてしまうこと。
いきえさ 生きエサ 生きているエサのこと。
いけじめ 生け締め 魚の鮮度を保つため、まだ生きているうちに急所をナイフなどで刺して殺すこと。
いっか 一荷 2本のハリに同時に魚が掛かり釣れること。
いつき 居着き 一定の海域に住み着き、他に移動や回遊しない魚のこと。
いとふけ イトフケ 風や潮の流れによってミチイトがたるむ状態。
いれぐい 入れ食い 釣り人を釣るための決まり文句の一つ。
仕掛けを投入するたびにエサに食いついてくることが続くこと。
うわしお 上潮 より海面に近い潮の流れのこと。
FF エフエフ フライフィッシングの略
えぎ 餌木 アオリイカを釣るための日本古来のルアー。
エギング エギング アオリイカをエギで狙う釣り方。
えさとり エサ取り 釣ろうと思っていない小魚が、横からエサを食べてしまうこと。
えだばり 枝バリ ミキイトに、あたかも枝のようにつけられたハリのことで「枝ス」に結ばれる。
えらあらい エラ洗い 仕掛けにかかった魚がハリを外そうとして海面に出て、エラを広げて首を振って
暴れる行動を取ることで、スズキのエラ洗いが有名。
おおしお 大潮 一ヶ月のうちで干潮と満潮の潮位差が最も大きいこと。満月と新月の前後。
オーバーヘッドキャスト オーバーヘッド
キャスト
頭上に振りかぶって投げるキャスト方法。
禁止している船が多い。
おいぐい 追い食い 一度口から離したエサをもう一度食ってくること。
もしくはもう一尾が残りのハリに掛かることの意味もある。
おいだも 追いタモ 魚を取り込むためにネットで掬うことをランディングというがその際ネットで魚を追ってはならない。
おきざお 置き竿 竿を手に持たずロッドホルダーに置いたままアタリを待つ釣法。
おくりこむ 送り込む アタリがあった時すぐに合わせず、ミチイトを緩ませて魚にエサを
しっかり食い込ませること。
おちこみ 落ち込み 水深が急に深くなったり、海底の段になっている所がストーンと深くなっている地形。
おでこ おでこ 魚が一匹も釣れなかった状態のこと。「ぼうず」や「あぶれる」ともいう。
おまつり オマツリ 自分の仕掛けと他人の仕掛けが絡み合ってしまうこと。
おもり オモリ 仕掛けを沈めるための鉛のこと。
おもりふか オモリ負荷 竿に使える最適なオモリの号数(重さ)を指定したもの。最大許容重量。
がいど ガイド リール竿の外側に一定の間隔で付けられたミチイトが通るための環状のもの。
かいゆうぎょ 回遊魚 産卵やエサを探すため、かなり長い距離を泳ぐ魚のこと。
かくれね 隠れ根 海面の下の方に隠れている岩礁のこと。
かけあがり カケアガリ 浅場から深場へと海底が傾斜して坂のようになっている所で、
魚が集まりよく釣れるポイント。
かたてんびん 片テンビン 仕掛けが絡まないように片方に長く延びている金具。アタリが取りやすい。
かみつぶし カミツブシ 丸く小さなオモリで、中央に溝がありその中にミチイトやハリスを挟んで
歯で噛んで潰して固定する。「割りビシ」ともいう。
からあわせ 空合わせ アタリがなくても竿を上げて合わせを行うこと。
がんだま ガン玉 カミツブシと同じように球形の小さな鉛の玉のこと。
ききあわせ 聞き合わせ 魚が餌を食べているか確かめ、驚かさないように竿をゆっくり上げること。
きすいいき 汽水域 淡水と海水の混じり合う水域のことで、河川の河口付近などという。
キャッチアンドリリース キャッチアンド
リリース
C&Rという書き方もされる。釣った魚を放しましょうという標語。
くいあげ 食い上げ 魚がエサを食べたため、ウキが倒れたり、オモリが軽くなったりする。
くいがたつ 食いが立つ 魚が釣れ始めること。
くいしぶり 食い渋り 魚にあまり捕食行動がなくエサを食べる行動を起こさないこと。
けいこうらいん 蛍光ライン 蛍光色に染め込んであるミチイト。アタリをミチイトで見る時など重宝する。
けーそん ケーソン 防波堤などを構成する巨大な長方形のコンクリートブロックのこと。
げどう 外道 釣ろうとしている対象魚以外の魚のこと。
こしお 小潮 干潮と満潮の潮位差が少ない潮回りのこと。
こませ コマセ 魚を寄せるための寄せエサ、まきエサのこと。
こもの 小物 小さい魚のこと。
さおがしら 竿頭 音読みでカントウとも言う。
船で最も本命の本数を上げた人に奉られるその日の尊称。
さげしお 下げ潮 引き潮と同じ意味で「下げ」ともいう。
さびき サビキ 魚皮やゴム、ビニールなどをハリに巻いた疑餌バリを何本も付いた仕掛けのこと。
さごし サゴシ サワラの小さい物の呼び名。
3キロを超えるサワラはものすごく美味である。
西京味噌で漬け込んだサワラの焼き物は絶品だし、タタキも最高ランクに格付けされる位に美味しいらしい。
しお 潮(tide) 日本海、特に新潟周辺では潮が走らない事が多い。
潮とは干満の差によって起こる場合と潮流によって起こる場合があるが、干満の差の少ない新潟周辺ではほとんど潮流だけに頼っている。
潮が動かないと魚が釣れない。本当に釣れない。
しおじひょう 潮時表 その日の満潮と干潮の時刻が表示されている表のこと。
しおどおし 潮通し 潮の流れが抜けること。
しおまわり 潮まわり 大潮→中潮→小潮→長潮→若潮→中潮→大潮のサイクルをいう。
しおめ 潮目 潮流が交わる所にできる境目のこと。
しかけ 仕掛け ハリやオモリ、イトなどで作った魚を釣るための道具。
ジギング ジギング ジグ(ルアーの一種)を用いてする釣り方のひとつ。
しけ 時化 悪天候のために海が荒れること。
しゃくり シャクリ 竿を大きく動かして、仕掛けやエサを水中で踊らせること。
しゅっせうお 出世魚 成長するとともに呼び名が変わる魚のこと。スズキやブリなど。
すいべる スイベル ヨリモドシのこと。
すていし 捨て石 防波堤などの基礎のために沈められた石のこと。
すとりんがー ストリンガー 釣った魚をそのまま生かしてつないでおく用具のこと。
スナッキング スナッキング 引っ掛ける事。
特にわざと引っ掛ける事を「インテンショナル スナッギング」という。
すれ スレ 魚の口にハリが掛らないで、それ以外の場所に刺さって釣れること。
しゅっせうお 出世魚 ブリ、ボラ、スズキ、など成長するにつれて呼び名が変わる魚の総称。
そこづり 底釣り 海底にエサをつけて釣ること。
そこもの 底物 根魚など底近くに居る魚。
タックル タックル 釣り道具のこと
たな たな 
魚が釣れる魚の遊泳層のこと。
たち 立ち 水深のこと。
たまあみ 玉網 魚をすくう時につかう網のこと。「たも網」ともいう。
ためる ためる 魚の強い引きを竿で耐えること。
ちちわ チチワ ミチイト、ハリスなどを結ぶため、イトの先端を輪にすること。
ちょうか 釣果 釣り上げた魚の量や大きさのこと。
ちょうこう 釣行 釣りに出かけること。
ちょうせき 潮汐 潮の満ち引きのこと。
ちょんがけ チョン掛け エサをハリ先にちょっと引っかけて付けるやり方。
つりざ 釣り座 魚を釣る場所。
つけえさ 付け餌 ハリに付けるエサのこと。
つりばり 釣り針(hook) 魚釣りの場合実質的に魚に触れる部分は釣り針だけであり、非常に重要なパーツであるにもかかわらず、おざなりにされている部分。
てぐす テグス 釣り糸のこと。
てとらぽっと テトラポット 防波堤や漁港などを時化や津波などから守るためのコンクリートブロックのこと。
どうつきしかけ 胴突き仕掛け 仕掛けの一番下にオモリを付け、ミキイトに枝ハリスが何本か付いている仕掛け。
どうのま 胴の間 船の中央付近
とも とも(艫) 船の船尾部分に近い場所の呼び名。
一番後ろの釣り座を大艫(オオドモ)と呼ぶ。
ドラグ ドラグ 魚の急激な引きに対してリールのスプールが自動的に逆転してミチイトが
出るようになっている。
あらかじめ設定しておくと、設定以上の力を加えると作動する。
ながざお 長竿 長い竿のこと。
なかしお 中潮 大潮と小潮の中間の潮のこと。
ながしお 長潮 干潮と満潮の潮位差が最も少ない潮回りのこと。
なぎ 風もなく、波もない静かな海の状態のこと。
なぎだおれ 凪倒れ 波が無く、風も無く絶好の釣り日和と思われたのだが、潮が行かず全く釣れない日の表現。
釣れる筈の日に釣れない時の究極の言い訳にも使われる。(でも本当に潮が行かない日は釣れないんだよ)
ナブラ ナブラ 海釣りにおいて、水面に小魚を追い詰めた、フィッシュイーター達(ワラサ、ヒラマサなど)が水しぶきを上げる状況。
ジギングでもキャスティングでも絶好のチャンスではあるがシラス(イワシの稚魚:マッチ棒くらいの大きさだったりする)を喰っていて大きいジグやミノーには見向きもしない事も多い。
「ナブラはあれどもヒットせず」というのはよくある状況
なみつぎ 並継ぎ 竿の継ぎ部分のこと。細い方を太い方に差し込むタイプで出っ張りができない。
海底にある小さな岩礁のこと。
ねがかり 根掛り ハリやオモリが海底の障害物に引っかかること。
ねざかな 根魚 岩礁の多い所を住みかにしている魚のこと。
カサゴ、メバル、ソイ類、アイナメなど。
ノット ノット(knot) 結び目、結び方。釣り人はラインの結び方だけは詳しい。
クリンチ、ダブルフォールドクリンチ、ユニ、パルマー、ハングマン、オルブライト、サージャンス、ネイル、フィッシャーマン、SF,FG,SC,MID,内掛け、外掛け、ETC。いくつ知ってますか?
のっこみ 乗っ込み 産卵のため魚が浅場に群れて寄り集まってくる状態。
はやあわせ 早合わせ アタリがあった時に、合わせ動作を早く行うこと。
ばらす ばらす ハリに掛かった魚を逃がしてしまうこと。
はりす ハリス ハリを結ぶイトのこと。
バーブレスフック バーブレスフック カエシの無い釣り針の事。魚へのダメージが少なく、安全に外せるので、キャッチ&リリースをするのであればバーブレスフックの使用が大前提となる。
バーブ付きのフックの危険性はかなり高く、病院で切開してもらわないと抜けないような事故の原因となる。
バラシ バラシ 掛かった魚が外れてしまう事。バラす原因はラインが切れてしまう事、フックが外れてしまう事、魚の口が切れてしまう事などがある。ラインの切れてしまういわゆるラインブレイクは恥と思わなければならない。
ばんのうざお 万能竿 あまり魚の種類を限定しないで使用できるサオのこと。
ふかせづり フカセ釣り オモリを全く付けないか、軽めのオモリだけで、エサを自然に漂よわせて釣る方法。
ふかば 深場 水深の深い釣り場。
ふさがけ 房掛け ひとつのハリにエサを数いっぱいつけるエサのつけ方。
フック フック(釣り針) 魚釣りの場合実質的に魚に触れる部分は釣り針だけであり、非常に重要なパーツであるにもかかわらず、割と、おざなりにされている部分。
ぶらくりしかけ ブラクリ仕掛け アイナメ釣り専用の仕掛けで、オモリのすぐ下にハリが結んである。
PEライン PEライン ポリエチレン製のライン。ある意味で釣りに革命を起こした要素の一つ。
一般に編み上げたラインであるが何本かを束ねて、コーティングをした物もある。
伸びず、細く、強く、耐久性がある。しかし、高価で透明でなく、トラブルも多い。
べたなぎ ベタ凪 風も波も全くない穏やかな海の状態のこと。
ぽいんと ポイント 魚がよく釣れる場所のこと。
ぼうず 坊主 魚が一匹も釣れなかった状態のこと。「あぶれる」や「おでこ」ともいう。
ほさき 穂先 サオの一番先端部分のこと。
まずめ 間詰め 日の出、日の入り前後の魚がよく釣れる時間帯のこと。
「朝マズメ」、「夕マズメ」という。
みよし みよし(舳) 船の前の部分の事。本来、水押しの転なのでミオシが正しいとも。
みきいと 幹糸 胴突き仕掛けに枝ハリスを取り付ける幹となる部分のこと。
みちいと 道糸 竿と仕掛けを結ぶイトのこと。
みゃくづり ミャク釣り ウキを使わないで、まるで脈を聞くようにアタリだけで魚を釣る方法。
むこうあわせ 向こう合わせ 釣り人が合わせるのではなく、魚の方から勝手にハリに掛ってしまうこと。
もあな 藻穴 藻と藻の間のこと。
やまだて 山立て GPSの無かった時代、漁師や船頭が二箇所以上の山などの目標物から現在位置を特定する方法。
よせえ 寄せ餌 アミコマセなどを撒いて魚を寄せるエサのこと。
ライトウィリー ライトウィリー 本来の意味はフックをウール状のスレッドで巻いてデコレイトしてある釣針の事だと思われる。
仕掛けとしては天秤、錘、コマセカゴ、とウイリー仕掛が必要でオキアミも少量ではあるが必要になる。
この釣り方はライトタイプのジギングタックルがそのまま流用できる
リーダー リーダー ジギングにおいて、PEラインの先に付けるナイロン、
フロロカーボンラインの事。
リール リール ミチイトを巻き取る道具のこと。
リリース リリース 釣った魚を放流すること。
ルアー ルアー 金属、プラスチック、木材、ゴムなどで作られた擬似バリのこと。
ロッド ロッド 竿のことでルアーフィッシングでよく使用される言葉。
ロッドホルダー ロッドホルダー ロッドを船べりに固定するホルダー
わりびし 割りビシ 割れ目が入った小さなオモリのこと。



彩 波

〒949-1351新潟県糸魚川市字能生小泊2603

今すぐ TEL/FAX0255-66-3405