コーヒーはどのようにして生まれ、どのように日本へ伝わったのか!?

少し一息つきたい時や目覚めの一杯などに欠かせないコーヒー。

学生から老人の方まで多くの人に飲まれているコーヒーには老化防止やダイエット効果、リラクゼーション効果、消化の活性化など実に多くのメリットをもたらしてくれる成分を含んでいます。

そんなコーヒーは今ではどこでも誰でも飲まれている飲み物ですが、もともとはどのようにして誕生したのでしょうか。
そして誕生してから、どのようにして我々日本人の手に渡るようになったのでしょうか。

普段、当たり前のように飲んでいるコーヒーですがコーヒーの起源やエピソードを知ればもっと美味しく味わえ、あなたに特別な気分をもたらしてくれるかもしれません。

コーヒーの誕生

コーヒーが生まれた伝説はいくつかあるとされており、まず一つ目には13世紀頃の聖職者シーク・オマールの伝説があります。

①イスラム教徒シーク・オマール

聖職者シーク・オマールはイスラム神秘主義修道者として当時、現在のイエメンに面するモカ内で伝染病が流行しており祈祷で多くの人を救っていたとされています。
そんな中、モカ王の娘である王女が伝染病にかかってしまったため、王女は噂を聞いたオマールを訪ねました。
そしてオマールは王女の病を治癒させることに成功しましたが、同時に王女に恋心を抱き求婚を迫ったことから、王様の逆鱗に触れてしまい、オマールは山へ追放されてしまいました。
山へ追放され食べるものに苦労していたオマールはある日、小鳥が食べている赤い実を見て、自分も食べてみることに。
そしたらそれが美味しく、やがては煮出しにしてスープのように味合うようになったのですが、このことがコーヒーの起源とされています。
また、その煮出しで作ったスープは飲んだ後に爽快な気分になることから、その飲み物、効用は多くの人に広まったことでオマールはその後、町へ戻ることを許可されたと言われています。

また、次に有名な伝説は年代は不明とされていますが、羊飼い少年カルディの話です。

②羊飼い少年カルディ

不詳なことが多い伝説ですが、エチオピアで羊飼いをしていたアラビア人のカルディという少年が、ある日いつも以上に興奮し騒ぎ立てる山羊を不思議に思い観察していると近くに赤い実が落ちており、それを山羊が食べているところを発見し自分も食べてみることにしました。
そしたら爽快な気分になり、元気がどんどん溢れていくように出てきたそうです。
そんなある日、元気なカルディを見てこの赤い実を知ったイスラム教の僧侶が持ち帰り、仲間にも分け与えたところ、夜中の儀式で眠気と戦う僧侶たちが眠らずに集中して修行に励めるようになったことで、広がるようになりました。

そして最後に紹介する伝説は最初のオマールの話をもとにした逸話となっています。

③ゲマレディンの伝説

15世紀の話とされ、アラビア半島南端の都市アデンに生まれたゲマレディンは立法学者として日々研究に明け暮れた結果、ある日、体調不良に陥ってしまいます。
そんな中、以前エチオピアを旅していた際に現地の人たちが赤い実を煮出しで飲み、元気に活動していたことを思い出し、その効果を確かめるために自分も飲んでみることにしたところ、眠気が消え元気が溢れ出すようになりました。
ここから、修道士や職人、商人にも広まるようになったと言われていいます。

コーヒーのルート(世界編)

コーヒー豆

コーヒーが生まれた話には以上のように伝説があり、その存在や効能はそこから世界に広まるようになりました。
まずは10世紀頃にアラビアから中東へそして13世紀のころには中東からヨーロッパへ渡るようになり、16世紀には世界各地へ広がっていくようになりました。
ちょうど、コーヒーがヨーロッパへ伝わったころ、日本では戦国時代から江戸時代に移ろうという時代でした。

日本でのコーヒー誕生

コーヒー

コーヒーが初めて日本へ伝わったのは江戸時代の頃とされています。
江戸時代では日本は鎖国しており、異国の文化に触れる機会がほとんどない状況でしたが、鎖国時代であった日本でも唯一国外との接触を許された港を持った長崎県の出島にコーヒーが伝わったとされています。

しかし、コーヒーが日本に伝わった時には当時の日本人の口には合わず、あまり受け入れなれなかったことや外国人と接触する者も限られていたので、その頃の日本にはあまりコーヒーは定着しなかったとされています。

コーヒーが大衆に受け入れ始めたのは、明治の後期になってからで、日本で初めて開かれたとされる喫茶店は1888年に東京・上野にオープンしたとされています。
その後、次々に喫茶店が広がっていき日本人にも定着していくようになりました。
大正になると文豪の森鴎外の指導によってカフェ文化が根付き、昭和では一気にコーヒー文化、喫茶店が大流行していくことになっていきました。

今では多くの人に美味しく飲まれているコーヒー。
色んなメリットを持つコーヒーですが、飲みすぎには注意しほっとする一息をこれからも楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です